飲食店に特化した、販売促進・売り上げアップ支援サイト

他の飲食店との違いを、しっかり打ち出すことで、あなたのお店を選んでもらえます。
では・・・どうすれば他店との違いを打ち出せる?

お店のコンセプト・強み・こだわりを明確にし、全従業員に浸透。

コンセプト ・「落ち着いた雰囲気のお店」
・「にぎやかで楽しいお店」
・「可愛らしいお店」
・「大人の人達に来てもらいたい」
・「20代~30代のOL層に来てもらいたい」
・「若い人達にも気軽に来てもらいたい」
・・・などといった、「どういう人達(ターゲット)に、どんな時に、どう楽しんで・くつろいで・感じてもらいたいか」という、お店の進む方向性の軸になる物。
強み・こだわり ・「味」
・「素材」
・「技術」
・「お店の雰囲気」
・「接客」
・「立地」
・・・などといった、「これには 自信がある」、「これは他店に負けない」という、お店の売りになる物。
この「コンセプト」「強みこだわり」がブレると、何をするにも目的が定まらず、的外れな味・接客・販売促進になってしまい、集客は見込めないでしょう。

逆に、経営者・オーナー・店長の考えがしっかりしていて、それを全従業員に浸透させれば、狙いを定めて考え、動き、販売促進・集客ができます。

まずは、お店のコンセプト・強み・こだわりをしっかりと考えて、それを明確にして全従業員に浸透させましょう。それが「繁盛店」への第一歩です。
なぜ流行らない?
 コンセプトやこだわり、お店の強みはハッキリ持っているのに、なぜお店は流行らないのだろう…
全従業員、全スタッフに浸透させましょう
 オーナー様、経営者様、店長様がお持ちの、そのお考えを全従業員、全スタッフに浸透させることを、実行してみてはいかがですか?
お客様の再来店していただける割合が上がってきました
 全従業員、全スタッフでミーティングをしたり、定期的に個別に話をしたり、意見を吸い上げて、私の考えやコンセプトをじっくりと浸透させていきました。
 徐々にですが、接客やサービスの仕方に変化が見られるようになり、お客様の再来店していただける割合が上がってきました。
 従業員、スタッフから色々な意見も聞けるようになり、意識も変わってきたようです。
 こういった定期的なコミュニケーションは、今後も続けていきたいと思います。
ブログ、SNSでお客様の声を聞きましょう
 素晴らしい効果が表れてきましたね。
 こうなってくると、お客様の反応が気になってくるのではないでしょうか?ブログやSNS(フェイスブック・ツイッター)などのコミュニケーションツールやアンケートなどで、お客様のお声を直に聞いてみるのも良いですよ。
 そういった反応を活かして、接客サービスの向上や、販促物の選択、使い方の見直しなどに役立てることができます。

グルメサイトに掲載しているだけではダメ!

まず下の画像を、どこか良いお店を探しているお客様のつもりで見て下さい。
ダミーグルメサイト1
ダミーグルメサイト2
これは、あるグルメ情報サイトの、同じジャンルの店舗ページを模して作ったイメージ画像です。
どちらかのお店に決める事はできたでしょうか?ましてや、何十店舗のページがあったとしたらどうでしょうか?

グルメ情報サイトは、たくさんの店舗が掲載をし、たくさんの人がお店を探すために閲覧しています。
しかし、どの店舗ページもレイアウトが同じで、掲載できる写真の数や文章量に制限があり、「良さそうなお店」は多いけれども、「絶対このお店に行きたい!決めた!」と判断するのは難しいです。
グルメ情報サイトが悪いと言っているわけではありません。ジャンルや地域、価格帯などで探しやすく、検索もされやすいですし、アクセス数も多いです。

しかし、グルメ情報サイトを閲覧する多くの人は、お店を決めるために、さらに他のグルメ情報サイトを調べたり、お店のホームページを見たりして判断しているのが実状です。

ですからグルメ情報サイトを、「ホームページへ誘導するツール」と位置づけるのが良いです。

そして、他店との違いを表現しやすいホームページで、お店のコンセプト・強み・こだわり・雰囲気をしっかりと打ち出して、あなたのお店を選んでもらいましょう。

せっかく、自由にデザインやレイアウト、文章量や文章表現など、お店の想いを自由に表現できるホームページですから、しっかりとお店の魅力を感じてもらえるツールにしましょう。
なぜお客様が増えない?
 大手グルメサイトに、お店の情報を載せているのに、なぜお客様が増えないのだろう・・・
写真や文章を、コンセプトやこだわり、強みがしっかりと表現された物に
 グルメサイトが検索されやすいのは確かで、お店の存在を知っていただくのには有効かも知れません。
 しかし同じ地域やジャンルのお店も多く掲載されていて、中々選んでもらえません。
 まずは、グルメサイトに掲載する写真や文章を、コンセプトやこだわり、強みがしっかりと表現された物に直していきましょう。
お客様は増える?
 それで、お客様は増える?
グルメサイトでお店の存在を知って、その後お店のホームページで詳しく調べる
 いえ、グルメサイトに掲載しているだけではいけません。
 お客様は、グルメサイトでお店の存在を知って、その後お店のホームページで詳しく調べるのです。
 お店のホームページも、コンセプト、こだわり、強みがしっかりと表現された物にリニューアルしていくと、選んでもらえるお店になっていきます。
お問い合わせや、ご来店されるお客様が増えてきました
 「ホームページを見て・・・」というお問い合わせや、ご来店されるお客様が増えてきました。
 こうなってくると、もっとコンセプトやこだわり、強み、他店との違いを打ち出していきたくなりますね。

お店に合わせた見せ方をする。

では、ホームページを「お店の魅力を感じてもらえるツール」にするためには、どうすればよいのでしょう?

はじめにお話した、「お店のコンセプト・強み・こだわり」や来店してもらいたい客層(ターゲット)は、当然お店によって違います。「落ち着いたシックな雰囲気のお店」と「可愛らしい雰囲気のお店」という風に、コンセプト(お店の雰囲気)が違えば、また「20代の女子学生・OL」と「40代、50代のご夫婦とその家族」という風に、ターゲットが違ってくれば、当然デザインや表現方法、必要になってくる情報など、全ての見せ方が変わってきます
お店の魅力を感じてもらえるツールにするコツ
お店の魅力を感じてもらえる販促ツールを制作するために、ここでも「お店のコンセプト・強み・こだわりをしっかりと明確にする」ことが重要になってきます。

そして、その販促ツールで何をしたいのか、目的も明確にしましょう。そうすることで、その目的に誘導する道筋や構成、戦略や企画を作ることができます。

それが、「お店に合わせた見せ方」となり、「お店の魅力を感じてもらえるツール」になるのです。

わたくしたちシールズは、明確になった、お店のコンセプト・強み・こだわり、目的などをしっかりとヒアリングし、それがしっかりとお客様に伝わるように内容や構成、デザインをしていきますので、経営者・オーナー・店長のお考え、そしてお店の想いをお話ください。

そして販促ツールの完成後も、ご質問、ご相談をお伺いし、新たなご提案、サポートをさせていただきます。
ご質問・ご相談・お問い合わせ